複数の製品が作図されているDXFを自動で分解

自動CUT&PASTE

詳細

取引先などから送られてくるDXFファイル・・・
物件単位、注文単位など、一つのファイル内に複数の部品が作図されていないでしょうか。
上記のような場合、一つ一つの部品に分けて、材質、板厚、部品名、加工数など改めて手動で登録が必要です。
自動Cut&Pasteなら
自動で図形の外形線を判断して、それぞれの部品に分けてデータを作成します。
データ上にテキストで板厚、材質、部品名、加工数など情報が記載されている場合、
自動認識して、データに加えることが可能です。
さらに
作成した部品データ全てを自動割付して、ネスティングすることも可能です。
特殊な加工順などにしない場合、ほぼ自動処理となり作業時間は大幅に削減できます。
また、お客様の運用ルールなどに合わせて、手動での修正を途中で加えることも可能です。
例えば…
様々取引先からデータが送られてくるので、テキストデータの形式が一定でないため、
材質板厚は自分で指定したい。⇒図形を分けた段階で一度自動処理がとまり、
作業途中の図形の一覧ウィンドウが表示されます。 
サムネイルを見ながら、一つ一つ変更したいり、一括で変更したりすることが可能です。

    前の記事

    曲げ工程の効率化